転職経験者の割合

木目01現在、ナースとして働く人の多くはすでに転職を経験したことがある人ばかりで、あるデータによっては約8割の人が転職経験者といわれています。その中でも半数の人は2回以上の転職経験者でありますが、転職した後の現在も多くの人がナースという職にとどまっているというナース転職の基礎知識があります。ナースとしてのスキルや資格を活かして仕事をしたいと考える人が多いためで、今よりも良い条件の医療機関に転職するという人が多くいます。しかしナース転職の基礎知識としてナースととしてのスキルや資格を活かすことができる職場は医療機関だけではないということを知っておいた方がいいです。医療現場だけではない働き口が多数あります。その一つに企業への転職が挙げられます。ナースとしてのスキルや資格を活かすのだから、企業の医務室で働くのかと思われますが、企業でも製薬メーカーという道があります。製薬メーカーの中の治験コーディネーターや臨床開発モニターという仕事です。製薬メーカーでは日々新薬の開発が行われ、動物実験を経て実際の患者さんへの投与を行いその有効性や副作用を確かめています。その中で医者と治験に参加する患者との間に立ち治験の際の注意点や伝達、補助、フォローといったことを行っていきます。看護師時代に培ったスキルやコミニュケーション能力が大いに役立つことになります。ナース転職の基礎知識として、医療現場ではない企業への転職の道もあるということを知っておきましょう。

Comments are closed.