ナース転職の傾向

あるデータ-によると、ナース全体の8割が転職経験があると言い、さらにそのうちの5割が2回以上の転職の経験があるということです。ナースは看護師資格を持っているため、ナース転職の特徴としては、別の業界への転職は少ないと言えます。ナースの仕事は意外ときつく、特に大病院となると医療の高度化や、複雑化に伴い幅広い知識や能力が求められるようになって来ました。常に最新機器の使い方を覚えなければいけませんし、新たな看護技術も覚えなければいけないことに加えて、都市部の大病院ともなると、患者の数に対して看護師の数が非常に少ないため、体への負担が大きいのは確かです。通常転職と言うと、上司とうまくいかないなどの人間関係が非常に多く、続いて給与や労働条件、会社事情によるリストラや人員整理が多い理由です。高齢化社会が進む中で、慢性的なナース不足で社会問題となっていますが、就職人気ランキングが毎年上位であることから言えるように、自分で希望してその職種に進んだけれどもっと給料や待遇が良いところで働きたいと言う理由で転職を考えるナースが多いということになります。ということは、ナース転職の特徴として、今居る病院より好条件の場所を求めて転職をしているということが言え、他の転職者に比べれば、贅沢とも言えます。しかもナース不足の病院にナースを紹介すれば、紹介料が支払われるシステムがある紹介業者があるためそれを利用し、転職で収入を得るのも最近のナース転職の特徴です。

Comments are closed.