ナースが転職する理由

和室医師が患者を治療するのをサポートしたり、病院に入院している患者さんの世話やサポートを行うのがナースの仕事です。ナースの仕事は一般の人が思っている以上に過酷であり、辛い仕事です。そのため比較的多くのナースがすぐに辞めてしまったり、転職をしてしまう傾向があり、医療業界ではナースの確保というのが一つの課題となっています。ナース転職のきっかけとなる理由は人によって様々ですが、多く人が理由としているのが劣悪な労働環境です。ナースは基本勤務時間が長い上、月に何回かは夜勤を行う必要があります。場合によっては日勤と夜勤を通しで行わなければならない事も少なくありません。またナースの仕事は基本立ち仕事となるので、デスクで座りながら仕事が出来る職種に比べるとハードなのです。ナースの中には足や腰が悪くなって辞めるという人も多いです。また、労働環境が悪いわりに給与が低いというのもナース転職のきっかけとなる事が多いです。医療業界では実際に患者の治療を行う医師の給与が高く、それをサポートするナースの給与が低いという傾向があります。給与条件は勤務先の病院によって異なりますが、このような格差に不満を感じて転職するナースも少なくないようです。また、職場の人間関係の乱れというのもナース転職のきっかけとして多いようです。病院は比較的閉ざされた世界であり、常に同じメンバーで仕事を行います。それ故に人間関係が悪化すると、その職場での勤務継続が難しくなってしまうのです。

Comments are closed.